EYE-READER THIN (その2)

カッパドキアさんで「EYE-READER THIN」は購入出来ます。
前記事:その1
 
その2 自炊電子コミックPDF編

EYE-READER THINをさわる前に、仕込みをする。

たぶん今時 電子コミックってのはネットで購入するんでしょうね。
綺麗な画像で見られるからそれが一番なのでしょうが、でも安くはないよね。
最新刊でも往年の作品でも、新品コミックと同じ値段なんでしょうね。
だったら紙ベースの書籍買っちゃいます。
あれ、話がずれた。
コミック50冊をポケットに入れて持ち歩けません。
電子コミックなら50冊も余裕でポケットに入っちゃう。
黄ばんだり、虫食いとかありません。
変な前置き終わり。

ブックオフで古本を購入。
好きな寺沢武一の本を3冊購入、1冊105円です。
コブラ(白黒)2冊と武(カラー)1冊。
b0030122_207291.jpg

本の背をカッターで切ります。
切断機が無いので、切り口歪んでます。
まあ、漫画読むには問題なし。
b0030122_2073995.jpg

コピー機で、両面スキャン設定して、
「スキャン~USBメモリ」のボタン1つで後は待つだけ。
300ページほどが約20分待つと自動でPDFファイルにできあがり。
会社のコピー機です。
スキャンはコピー機のレンタル基本料金のみで行えるので、会社には実質負担ほぼ0円です。
どうか大目に見てやってください。
b0030122_2074922.jpg

b0030122_2075966.jpg

白黒300ページは、300×300dpiにしてみた。1冊40MBぐらいに。
カラー200ページは、100×100dpiだと50MBぐらいに。200×200dpiだと200MBぐらいに。

白黒コミックは、縦向きと横向きの2種類用意。
カラーは、100×100dpiと200×200dpi用意。
カラー4ページの、100×100dpiと200×200dpiと300×300dpiと400×400dpi用意。
b0030122_2081072.jpg

拡大すると違いはよく分かるが、EYE-READER THINの表示ではどうかな?
b0030122_2081965.jpg


準備できた。
パソコンとEYE-READER THINをUSBで繋いでみる。
USB接続表示が出ます。
b0030122_2082968.jpg

EBOOK USB Deviceと認識。EBOOKと認識するんだね。
b0030122_2083898.jpg

「THIN」の名前ですね。
購入した状態の初期フォルダはこんな感じ。
Fontsフォルダがある。次回フォントを入れて試してみよう。
b0030122_2084823.jpg

パソコンにあるコミックフォルダを「THIN」にコピペ。
b0030122_2085624.jpg

パソコンと接続を切り、EYE-READER THINを起動。
ちゃんとコミックフォルダ表示してます。
中身もちゃんと見易く表示してます。
b0030122_209554.jpg

b0030122_2091410.jpg

白黒コミック閲覧。
おっ、きれいきれい。1画面1ページ表示です。
十分文字読めます。
b0030122_2092478.jpg

スクロールしてみる。
早いページ送りは、画像表示が追いつかない。
しかし、1ページづつ読んで行くなら、次ページ表示は問題なく表示する。
本体の画面表示サイズとPDFの表示サイズの差なのか?ページとページの境目は幅広め。
PDFは縦にスクロールします。
実コミックと同じように左から右へスクロールできると嬉しいが、その機能は見あたらない。
b0030122_2093278.jpg

画面縦横の切り替えは可能。
切り替えて見ると、横幅いっぱいに表示された。
文字が大きくしっかり読める、この機能はよいね。
b0030122_2094164.jpg

次に最初から画像を横向きにしたPDFファイルを閲覧。
目的は、左から右へページスクロールさせるため。
b0030122_2095070.jpg

んー、左から右へページスクロールできてよい。
よいのだけど、ページとページの境がとても広くなってしまった。
境目の余白が広すぎる。閲覧は快適じゃないな。
んー、PDFの横向き画像は失敗です。
b0030122_2010035.jpg

次は、カラーコミックの閲覧。
おっ、いいね。
古本を自分でスキャンしたファイルには思えないほど綺麗な感じだ。
ファイルサイズはでかいが、白黒画像より非常に見易い。
b0030122_2010874.jpg

カラーは色々変えてみたが、今回のコミックは100×100dpiでいいかな。
100×100dpiで十分読めるし、荒さもさほど感じない。
200×200dpi以上になるとどんどん読み込みが重く、表示が遅くなる。
ファイルサイズ 200MBでも、ちゃんと読み込み表示できた。
ストレス無く軽快さを求めるなら、今回は100×100dpiがよいな。

自分でスキャンした画像は、必然的にファイルサイズが大きくなってしまう。
正直、普段からスキャンや書籍化などしたこと無かったので、最適なファイル設定がよく分からない。
しかし、そんなファイルでも楽しくコミックは読めました。
十分楽しめることは分かりました。
ネットで最適化された画像ファイルならもっとストレス無く楽しめそうです。

次回は、JPG画像を試そうかな?
いやもう少し、PDFの閲覧機能も試すべきかな?

最後に、便利ツールを教えてもらいました。
「ChainLP」と言うフリーソフトです。
小説やコミックなどをスキャンした画像を、あれこれ編集するツールだそうです。
No.722ブログさんのところで公開中です。
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]

by ayasuke_aya | 2010-09-29 20:07 | EYE-READER THIN | Comments(5)

Commented by れびん at 2010-09-30 02:45 x
興味心身です。
購入検討しておりまして・・・
ぜひJPGの方もレビューお願いします。
Commented by nanashi at 2010-09-30 03:50 x
>>もう少し、PDFの閲覧機能も試すべきかな?
お願いしますorz
Commented by あやすけ at 2010-09-30 17:19 x
今度、jpg漫画も試してみますね。

PDFの閲覧機能も試してはいるんですが、もっと上手に使いこなせたら、もっと軽くてよいPDF素材で操作した感覚を得たいし、そう思ってたら記事に書けませんでした。
Commented by TTF4 at 2010-09-30 18:48 x
レビューありがとうございます。欲しくなりました!
ところで100ピクセルとか200ピクセルとかどこのサイズですか?
DPIではないですよね?
Commented by あやすけ at 2010-10-01 10:00 x
TTF4さん、ご指摘ありがとうございました。
記事中は修正しました。
完璧に勘違いというか、知識不足です。
ピクセルではなく、dpiでした。失礼しました。

<< ちょい思い出しネタ Wiiなにコレ? >>