レトロで(その3)

retrodeについて ゲームコントローラ編
b0030122_23294924.jpg




このretrodeにはもう1つ機能があります。
基板にスーパーファミコンとかのコントローラを繋ぐと、
パソコンでゲームコントローラとして使えます。
しかも、コントローラ4つ接続可能です。
 ※retrodeの最初の接続ドライバインストール時が長時間なのは、
  ゲームコントローラ4つ分も行なっていたからでしょうね。
b0030122_23311660.jpg
私はとりあえずスーファミのコントローラ接続口を付けました。
こうすれば、コンパクトでいろんなコントローラ接続できます。
コントローラは2つ分接続にしました。
パソコンのプロパティテストでは問題ありませんでした。
b0030122_23313046.jpg
実際エミュレータでコントローラ動作確認してみる。
マリオ2P試す。んー、何かおかしい。認識が不安定。
別のテニス2P試す。こちらは問題なく遊べた。
retrodeに問題か、エミュ設定項目に問題か、エミュ自体に問題か。
はんだ作業に問題か、よくわかりません。

はんだがしっかり出来てなかったみたいだった。
まぁ、1Pコントローラはどのゲームでも問題なかった。

公式では、マルチタップを繋いだ画像がある。
どうやって配線するんだろう?
単純に12本を繋ぐだけの、マルチタップのガワを使っただけかな?
時間があったら、専用マルチタップを作ろうかな。
b0030122_23315365.jpg

retrodeではスーファミをパソコンで遊ぶ時、
実カートリッジと実コントローラーで遊べるわけです。
[PR]

by ayasuke_aya | 2010-04-02 00:03 | retrode | Comments(0)

<< レトロで(その4) レトロで(その2) >>